ブログ

政党活動の日々

みんなの党の全国比例に、京都1区で
4区の私と衆議院選挙を共に戦った「平 智之(たいら ともゆき)」 さんが出馬予定です。

20130602_-1

私も、京都4区支部長、渡辺喜美代表付 京都府担当として、
4区の政党活動の時に参議院選挙に投票に行って下さい、みんなの党を応援して下さい、
とお願いしています。

20130602_02

街宣や駅立ちをしていて感じる事は、

民意とは何か?を常に考えている私が居る事です。

このまま、安部さんが長期政権を維持される事が、国益になるかも知れません。

そのように考えておられる国民、有権者が多い事は、各種世論調査に現れています。

しかし、1,000兆円を越える借金を増やし続ける事は、私たちの孫や子供たち、若い世代に
その借財を返させる事になり、大変な負担となります。

現在を生かされている我々が、バラマキの果実を独り占めして、その返済を子孫に残す事は、
恐らく誰も望んでおられないことであると、信じています。

原発にしても、処理の出来ない放射性廃棄物を作り続ける原発を支持する方はおられません。
しかし、最近カマビスシイ建前と本音。

福島の現実の前に、原発再稼働を、大声では言われないが、電気料金が上るのは辛い。
他国に原発を売り込むのは、国益であると思っておられる国民が多い事も事実です。

自民さんに衆議院、参議院、両院の大多数を占められた場合、
国益とは、子孫の繁栄であると考えているのですが、それとは違った道を歩みそうで
不安でなりません。
自民は我々商店街に対しても300億円の金をバラマキ、農家に対しても、
過去の池田内閣の所得倍増ならぬ、農家所得倍増を言っています。

事はその通りに行けば、何ら不安は有りません。
問題は、参議院選挙を控え、

衆議院で言っていたTPP に参加しないをいとも簡単に、所得倍増の言葉でごまかす自民党の体質を見抜く力が、国民に求められて
いるのではないでしょうか。

«
»