ブログ

感動した!憲法・衆議選元候補川島さんの場合

ここにも私と同じ憂国の志士が居られました。

3月18日の朝日新聞夕刊に落選94歳
 
「パンクが応援」の記事が載っていました。

日本国憲法9条を守ろうと94歳で衆議院選 埼玉12区から立候補、最下位で落選した。

7391b377-s

川島良吉さん。
葬式代の供託金300万は、失ったが、その行動は共感を呼び、全国各地から葬式代カンパの申し込みが相次いでいる。
札幌市のパンクロッカー「スラング」のボーカルKO(コー)さんが応援・・

川島さんと立場も考え方も違う私、石田・・・

しかし、川島じいさんの思いは痛いほど伝わってきます。

又、KOさん達の思いも。
「自分たちが政治に無関心だから、こんな状況を招いた。」

川島さんは、
「94歳無所属新顔」
「戦争NO」
「護憲」
「原発反対」
「命を大切に」
を訴えられた・・

同じ選挙に臨んだ者として、人生の先輩として、
国家・国民に取って大切な事の本質は捉えておられます。
でも敢えて問います。

「葬式代カンパするぜ 衆院選で供託金没収の94歳に共感」
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/incident/TKY201303180124.html

«
»