プロフィール

1950年(昭和25年)
11月23日(昭和25年)生まれ。
1963年(昭和38年)
京都市立乾小学校 卒業
1966年(昭和41年)
京都市立中京中学校 卒業
1969年(昭和44年)
京都市立堀川高等学校 卒業
1974年(昭和49年)
英米私費留学 中退
1976年(昭和51年)
大阪学院大学商学部 卒業
1978年(昭和53年)
大阪学院大学大学院経済学研究科 修了
1979年(昭和54年)
西京区へ移り住み2人の子どもを育てる
1980年(昭和55年)
大阪学院大学大学院商学研究科 修了

  

昭和50年〜
全国大衆酒蔵チェーン 養老乃瀧 店主
昭和51年〜
株式会社 石さん設立 代表取締役
平成4年〜
石田哲雄税理士事務所 所長

  

昭和33年〜
世界遺産祇園祭函谷鉾囃子方
  平成4年より 嘉多丸会 副会長
昭和50年〜
四条大宮商店街・京都商店連盟
  理事長 / 常任理事
平成8年〜
中小機構地域資源活用
  西の鯖街道事業・委員長
平成9年4月〜平成10年3月
京都市立松尾中学校PTA 会長
 
平成12年〜
京都市市街地景観条例第1号
  四条大宮まちづくり協議会会長
平成13年〜
京都商工会議所地域活性化 委員
 
平成20年〜
京都市立堀川高校同窓会 副会長
 
平成24年〜
京都市倫理法人会 会員
 

  

~ 次期衆議院選挙を迎えるにあたり~
ブレない」「曲げない」「崩れない

  2009 年1月13 日、自民党を離党したばかりの渡辺喜美、その志に共鳴した江田憲司、江口克彦、屋山太郎らは、「脱官僚」「地域主権」「生活重視」の3つのアジェンダを掲げ、草の根国民運動を展開していくことを表明しました。

  4人には、一つの方向性へ統制する中央集権体制が地域の独創性発揮を妨げているとの強い危機感がありました。草の根国民運動で全国を駆け巡る中、この危機感は「地域主権の確立が日本復活の命運を握る」との強固な信念になりました。

  草創期の運動を経てアジェンダに魂が入ったのです。だから、みんなの党のアジェンダは「ブレない」、「曲げない」、「崩れない」のです。
昨年は統一地方選挙がおこなわれました。
結果、200名を越える地方議員が誕生しました。
このことは、みんなの党の「地域主権」のアジェンダを広める絶好の機会と捉えています。
民主党政権は、財務省にからめ捕られ、官僚主導・大きな政府・中央主権体制の強化にひた走り、地域主権の確立は遅々として進まないと予想されます。

だからこそ、私たちが、地域から、地域主権型道州制導入のうねりをおこし、地域主権確立に向けて、国の背中を押す覚悟を有しています。

その私たちの覚悟のアジェンダを、ローカルアジェンダ(モデル案)として紹介します。

  

すべての拉致被害者救出を!

韓国人 82,959人(韓国政府調査)

日本人 約100人(家族会、救う会推計)、内17人 日本政府認定 他に渡辺秀子さんの子ども2人(朝鮮籍)を警察が認定。

レバノン人 4人
タイ人    1人
ルーマニア人 1人
中国人(マカオ系) 2人
マレーシア人 4人
シンガポール人 1人
フランス人 3人
イタリア人 3人
オランダ人 2人
ヨルダン人 1人

1970年代に集中して起きた
拉致事件です。(救う会調べ)・・

1974年後継者に選ばれた金 正日は、資金、人材のすべてが優先的に回されている朝鮮労働党対南工作部門を掌握するために、75年にそれまでの工作活動を検閲し、その成果はゼロだったと批判した。

そして、『工作員の現地人化教育を徹底して行え。そのために、現地人を連れて来て教育にあたらせよ』という指示を出した。

その指示により、これら拉致事件が起きたのです。

一方、金 正日の息子達は海外で教育を受けており、金 正日に国の開放を進言した。

しかし、正日は、その遺言にも書いているように、国を開放すれば、

■ 今、一番勢力を保持する軍部によって政権が奪われるであろう事。
■ 金 正日首謀であった拉致が暴露され、おそらく自分の遺体は墓から引き出され破壊されるであろう事。
■ また、独裁者、金 正日に全ての罪を被せ金一族の全てが処刑される事。

これらの事を懸念した正日により、息子達の進言は一喝されたとされています。

私は、他国である、北朝鮮の体制には興味が有りません。
民主的な国家の早期成立を祈るばかりです。

それよりも、
横田早紀江さん旧姓西村早紀江さんの出身校は京都市立堀川高校です。

昭和29年3月に卒業されておられるので、77歳、喜寿を迎えられます。
その時の同級生、中村喜代治さんがこの会の会長をなさっていました。
横田さん、中村さん、
お二人とも私に取りましては、先輩です。

私は堀高の同窓会副会長です。

私が国政に行き、働かねばならない理由の一つがこの出会いです。

横田先輩に、めぐみさんとその子詰まり、「孫」を抱いて戴きたい。

それだけです。

2002年に北朝鮮が拉致を認めてから10年。

今年は「金 正日の死に加え、金 正恩政権の不安定さは、まさに救出の好機である。」
とともに「混乱事態発生による拉致被害者の安全が侵される危険も大いにある。」

と考えられます。

私に、この問題を解決に導ける場、「国会」を、お与え下さい。

  

「石田てつお」が政治家を目指すきっかけになった出会いの一つであり大好きな歌でもあります。

1番は、地域主権型道州制を示唆しており、

我々みんなの党や大阪維新がその拠って立つ活躍の場所が「地域」に有る事、地域から国を変えて行く気概を表しています。

2番は愛してやまない山河を象徴しています。

唱歌の「ふるさと」にも通じます。その故郷に留まらず、財源・権限・人間の3ゲンの内、一番大切な人間との出会いと交流を促しています。

3番は私が一番大切にしている「自由」。

そして、日本は国内でチマチマするのではなく、世界、特に今はアジアに船出することを示唆しています。

私の場合は関西州。この地域だけで、GNPはカナダやスペインに匹敵します。

この力を世界にぶっつけ、私たち団塊の世代が築いた日本を今一度、豊か・富か・優か・寛か・泰か・穣か・隆か・温か・ゆたか・・・にする為、頑張ります。
孫や子、のために・・・。

歴史の舵はいつの世も熱ある者がとってきた・・

渡辺代表・・橋本市長・・・私・・そして、あなた・・
頑張ります。頑張りましょう。

商工会議所青年部の歌「伸びゆく大地」

作詞:石 井 耕 二
作曲:石 井 歓

a.. 1.

伸びゆく大地 伸びゆく大地
日本の拡がる街なみ 青い空
集える仲間は それぞれに地域を支える
気概持つ願いをかたちに 変えるため

商工会議所 青年部
求めて我らは 立ち上がる

b.. 2.

幾山河を 幾山河を 越えていく
道は果てなく 遠いけど
夢追う気持ちは 忘れない
人と人とが 語りあい
心と心を 結ぶため

商工会議所 青年部
時代を我らは 先駆ける

c.. 3.

自由の海の 自由の海の 渚には
世界の波が 打ち寄せる
歴史の舵は いつの世も
熱ある者が 取ってきた
豊かな郷土を 築くため

商工会議所 青年部
明日に我らは 船出する

製作について

第6回全国大会福島大会(1986年)の席上で、 青年部の部員相互の連帯と意識の高揚を図り、 青年部活動を広くPRすることを目的に製作した「商工会議所青年部の歌(伸び ゆく大地)」 が披露された。

歌詞は一般公募により、 全国各地から寄せられた44点の作品の中から選ばれたもので、
福山商工会議所(広島県)の事務局員・石井耕二氏の作品です。

作曲の石井 歓(いしい かん)先生は、1921年3月30日生まれで東京都出身の日本の作曲家です。武蔵野音楽大学本科ピアノ科を卒業。ミュンヘン国立音楽大学作曲科・指揮科を修了。創設されたばかりの桐朋学園大学で作曲科主任教授他を務め、その後、愛知県立芸術大学音楽学部教授・学部長など各地の学校で要職を務め、また指揮者としても活躍。