ブログ

石田 哲雄 みんなの党を離党いたします!!

私の目指す我が国の将来像と党の方向性が大きく乖離していきつつあることも、決断の一因です。

特定秘密保護法が成立致しました。

私の所属するみんなの党は、与党と修正協議の末、衆議院では賛成、参議院では与党の運営方法を批判して退席という態度となりました。

私、石田哲雄と致しましては、本法が内包する課題を深刻に受け止めており、我が党の対応を注視して参りましたが、本法成立に伴う日本の将来にみんなの党とともに責任を持つことができないと判断し、党を離れる決断を致しました。

党内には、特定秘密保護法のみならず、集団的自衛権の憲法改正なき行使容認の動きもあるようで、私の目指す我が国の将来像と党の方向性が大きく乖離していきつつあることも、決断の一因です。

先の参院戦後のみんなの党の示す姿勢は、これら私の信条からは大きく離れてしまいました。

先の参院戦後のみんなの党の示す姿勢は、これら私の信条からは大きく離れてしまいました。

私がみんなの党に加わり、国政に挑んでいた頃とは、党の目指す針路が変わってしまっていると受け止めています。

私は、衆院選挑戦時の公約において、集団的自衛権の行使については極めて慎重であるべきと訴え、また、あらゆる行政情報は国民共有の情報であり「原則公開」の姿勢を貫く、としていました。もちろん、当時、みんなの党からこの公約についてクレームはありませんでした。

しかし、先の参院戦後のみんなの党の示す姿勢は、これら私の信条からは大きく離れてしまいました。

みんなの党を終の住処とするつもりで入党した者として、非常に残念な気持ちで一杯です。
しかし、自らの信条を曲げてまで、党に留まる決断はどうしてもできませんでした。

先の衆参選挙において、自らと自らの所属するみんなの党への支援を皆様にお願いしてきた責任が、私にはあります。

しかし、落選し、実質的に一党員の私には、党の方針に影響を与えることはかないませんでした。
しかし、私が示してきた基本的な政治信条を曲げることはできません。

本来ならば、お一人お一人の皆様に私の決断を説明してご承諾を願うのが筋でありますが、一方的なご報告となりますことをお許し下さい。
また、石田哲雄を介してみんなの党に注目し応援して頂いた皆様に、心からお詫び申し上げます。

今後は、一人の石田哲雄に戻り、税理士として中小零細企業の振興にあたりながら、日本や世界の行方をじっくり考えて参ります。また、一人の石田哲雄として、同志や友人・先輩たちと大いに語り合い、あるべき社会の姿を模索し続けたいと思っています。

約二年、みんなの党の支部長として活動致しました。訴えてきた「官僚主導(官権政治)からの脱却」は、日本社会の変革に必須であることに変わりはありません。原発ゼロ実現のための電力改革も急務です。超高齢化した農村の実態を見ても、農協依存農業の転換も残された時間は極めて少ない。既得権を守ることに汲々としている社会的指導層の入れ替え、社会システムの変革なくして日本の未来はありません。

みんなの党にはこれらの思いを同じくする人々が集まってきました。
私もかけがえなき同志を得ました。
みんなの党の旗の下に集った有為な人材は、これらに愚直に取り組み続けてくれると確信しています。
そして、そういう人たちとともに戦い続けたいと思っています。
なお、新党結成の動きが報道されていますが、友人・先輩たちと又後援して頂いている方々と良く相談したいと考えています。

追記:特定秘密保護法に対する見解

・ 行政の有する情報は国民の情報、原則公開という風土になっていない。政治や行政の不信の根本原因はここにあり、この解決なくして本法の成立なし。

・ 秘密保護が必要な行政情報があることは否定しないが、原則公開の姿勢が明確でない以上、秘密の特定やその運用で、行政に都合の悪い情報が隠される懸念は払拭できず、恣意的解釈が無限に拡大する懸念も拭えない。

・ このことにより、国民の知る権利を大きく阻害する状況を生じせしめ、社会の萎縮が始まることを大いに恐れる。

・ まずは、明治以来続く、日本の官僚主導社会の変革が急務である。特定秘密保護法の前にやるべきことあり。それまでは、既存の法律の運用で十分代替できるものと考える。

・ みんなの党の修正(首相の関与)は、官僚の恣意的秘密指定や運用を一定抑止し得るものとは思うが、不十分にすぎる。自公過半数の国会において、原案成立よりはましとの考えもあるが、官権拡大を抑えることのできない修正では意味がない。

・ 過去の歴史から考えると、国防や安全保障・外交情報が秘密の対象となり、それを官僚だけの都合で扱われると、取り返しのつかない事態にもなりかねない。国民から選ばれる政治の関与が不可欠である。

・ 情報が官に統制され、政は官におもねり、広く国民の判断に委ねられることなく、戦争への道へと知らず知らずのうちに進んでしまった日本の歴史を忘れてはならない。

・ 本法が成立してしまった以上、秘密を指定できる行政の監視に実効性をもたせる仕組みづくりを急ぐとともに、本法の課題を不断に検証し、必要な改正を必要に応じて速やかに、何度でも行っていくことが政治には求められる。国民も、今後の政権や行政の動きを厳しく注視していかなければならない。

八尾空港と橋下代表

報道がおかしい?とは再々言ってきました。
今回のオスプレイの八尾空港配備発言。
皆さんは、事前に根回しが無かったと思いますか?

20130606_01

安倍首相と菅官房長官との会談を終え、記者の質問に答える橋下徹大阪市長(中央)と松井一郎大阪府知事(左)ら=6日午前、首相官邸

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130606/plc13060620050013-n1.htm

地域主権型道州制を訴える維新とみんな。

八尾という地域を大切にするのであれば、頭ごなしの中央集権型「価値観の押しつけ」はない筈。

八尾という、人口密集地にオスプレイを配備する事は、沖縄への負担偏重問題とは別次元で問題を生じます。

八尾市長は、「何の相談も無い」と発言されています。

市長の発言が事実であれば、橋下さんは道州制の本質が分かっておられない。

相談が有ったとすれば、
八尾市長は、本土のエゴを露呈してはいけない。

政治家の本質が試されています。

会社の信用と女性と中国

京都のある印刷会社の強みは、

《受けた仕事は断らないのは当たり前ですが、そこには「受けた以上は何が何でも納める」
というプライドもあります。
また、協力会社との連携により「水と空気以外には印刷できる」と自負しています。》

でありました。

昨年、
受注されたのが、人形に成形した印刷物。
処が、受注価格が150円なのに、国内の下請けから受けた見積もり納品価格は210円・・

この売れば赤字をどうするのか?

その会社の代表である社長は「信用」を大切にするため総額180万円の赤字を覚悟された。
しかし、奥様は180万稼ぐのはどんなに大変である事か!
中国で造れば安く出来るかもと決意・・

そこでこの奥様、PCで検索、英語で書かれてあった中国企業案内から、自社に合いそうな中国企業を見つけ、連絡し、更に、訪中を決意された。

しかも、行かれたのがよりによって昨年9月18日・・
満州事変勃発の日で、対日感情が最悪の日で有った。

結果は、

片言の英語どうしの意志疎通で60円で納品が成立。赤字ではなく黒字に、
更に、今後も有力パートナーに双方がなられたとのこと。

貿易の手続きも自身でされ、今回は輸入だけであったのを、日本製品の輸出にも手を伸ばし、別事業としてやってみようか、
と計画中・・

対日感情は中国深せんから1時間離れた田舎。
まったく関心が無く、ビジネスに邪魔だから
日中双方争わないで、であったとか・・

彼女の感想は、日本の報道の偏向。
日本企業が襲われる報道は、誰かに操作されているのではないかと。
滞在中一番怖い思いをされたのは、経由地の香港で電話で「もしもし」と
言った時に周りに反応した人が居た時だとか。

彼女の行動力、決断力に感心し、勇気とやる気を頂きました。

困った事がおきた時に、
「運命は自らまねき、境遇は自ら造る」
を地で行った方ではありました。

国の将来を思う時、歴史に忠実にならなければならない

多くの国民の疑問に、橋下市長の慰安婦発言があった。

今回は、野中広務さんである。

陰の総理とも言われ、それなりに功績の多かった方である。

戦中派として護憲の立場を取られる自民党の中では、珍しい方でもある。

その方が、今回は尖閣問題の棚上げを田中角栄元総理がした。との発言である。

K10050489211_1306040621_1306040633_01

「野中氏の「尖閣棚上げ」合意指摘、外相と官房長官が全面否定」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130604/plc13060411480011-n1.htm

我々国民・庶民にはよくわからない・・

何故、今のタイミングなのか・・?

たとえ、その事が事実であったとしても、発言は誰を利するのであろうか?

この疑問に答えを出すとすれば、
両人に共通している理念、

「国の将来を思う時、歴史に忠実にならなければならない」が有ると考えられます。

人権問題や戦争体験を踏まえたご両人の「生きざま」を知らなければ、
なかなか、理解出来ない発言であると考えられます。

我々は、目先の発言の奥にあるものを知らなけらば、なりません。

政党活動の日々

みんなの党の全国比例に、京都1区で
4区の私と衆議院選挙を共に戦った「平 智之(たいら ともゆき)」 さんが出馬予定です。

20130602_-1

私も、京都4区支部長、渡辺喜美代表付 京都府担当として、
4区の政党活動の時に参議院選挙に投票に行って下さい、みんなの党を応援して下さい、
とお願いしています。

20130602_02

街宣や駅立ちをしていて感じる事は、

民意とは何か?を常に考えている私が居る事です。

このまま、安部さんが長期政権を維持される事が、国益になるかも知れません。

そのように考えておられる国民、有権者が多い事は、各種世論調査に現れています。

しかし、1,000兆円を越える借金を増やし続ける事は、私たちの孫や子供たち、若い世代に
その借財を返させる事になり、大変な負担となります。

現在を生かされている我々が、バラマキの果実を独り占めして、その返済を子孫に残す事は、
恐らく誰も望んでおられないことであると、信じています。

原発にしても、処理の出来ない放射性廃棄物を作り続ける原発を支持する方はおられません。
しかし、最近カマビスシイ建前と本音。

福島の現実の前に、原発再稼働を、大声では言われないが、電気料金が上るのは辛い。
他国に原発を売り込むのは、国益であると思っておられる国民が多い事も事実です。

自民さんに衆議院、参議院、両院の大多数を占められた場合、
国益とは、子孫の繁栄であると考えているのですが、それとは違った道を歩みそうで
不安でなりません。
自民は我々商店街に対しても300億円の金をバラマキ、農家に対しても、
過去の池田内閣の所得倍増ならぬ、農家所得倍増を言っています。

事はその通りに行けば、何ら不安は有りません。
問題は、参議院選挙を控え、

衆議院で言っていたTPP に参加しないをいとも簡単に、所得倍増の言葉でごまかす自民党の体質を見抜く力が、国民に求められて
いるのではないでしょうか。

口にプラスとマイナス

総会シーズン真っただ中です。

昨日は京都伝統産業青年会の総会に参加して参りました。

60歳を越えた私が、青年会の現役会員です。
驚きました・・・

さすがに、これは?

と考えられた方がおられたと見えて、今年限りで、来年度からは、賛助会員となります。

それでも、今まで伝統産業青年会の正会員であれたのは、心が青年であれば、それは「青年」であると大目に見て頂いていたからでしょう。

有り難い事です。

その時に来賓の近畿産業局の課長さんが面白い挨拶をされました。

口偏に

プラスとマイナスで「はく」、「吐く」という漢字になり、

プラスだけだと、「かなう」、「叶」となります。

と。
やはり、プラス思考で言動すると
何事も叶うものだと、改めて思いました。

品位ある貿易

ミャンマーのエコノミスト、アウン・タン・セット氏は、
「安倍首相の支援は雇用創出などにつながる。中国の投資を低減させるために、品位がある日本の投資を増やすときだ」と指摘する。

20130527

「ミャンマーの「嫌中感」も背景 高まる日本への期待」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130526/asi13052621080003-n2.htm

日本が、ミャンマーに対しての投資を控えている間に中国が進出したが、ミャンマー人に日本や日本人に対しての期待は大きい。

ビルマの竪琴の印象が深く、親日的な演出をビルマがした事もあり、親ビルマ的感想を我々は持っている国。

その国の人たちが「品位」を日本人の中に見出している事に着目したい。

ミャンマーに、投資している中国は資源を略奪するだけで雇用創出や技術供与などの利益をもたらさないというのが、中国投資に
対しての不満であるとのこと。

日本には、その真逆を期待されているのであろう。
つまり、品位とは、互恵関係のことである。

「品位」を辞書で見ると、

見る人が自然に尊敬したくなるような気高さ、おごそかさ、品。とある。

このような期待を持たれている日本人。

ところで、今、我々を品位ある国民だと自信をもって言える方は、どれくらいおられますか?

景気を良くするために

中小零細企業の代表でもある石田。
石田ならではの提言。

一つ目は中小企業の交際費。

従来は交際費の上限額は年間600万円で、税金のかからない損金として認められるのは90%までだった。
しかし25年度税制改正で上限額が年間800万円に引き上げられた上、全額を損金算入できるようになった。
営業活動に有利に働く事は明白です。

しかし、2010年の都道府県別赤字法人調査によると、赤字法人の全国平均は75.7%で増加中である。
800万まで損金と言われても殆んどの会社には無縁である。

交際費が景気に有効に働くには、利益を出している企業にこそ、損金算入を認めなければ、
景気は良くなりません。

石田は交際費の全額損金算入を会社全体にするよう政策提言します。

もう一つ、減価償却です。

減価償却とは、設備投資に要した支出をその資産が使用出来る期間に渡って費用分配する制度の事です。

単年度の投資費用がすべてが経費にならないし、
逆に受注先は、単年度の利益がすべて利益になる仕組みの事です。

この減価償却の費用分配は耐用年数によって計算方法が定められています。

これを原則自由にすべきであると提言します。
その事によって、企業は経費化を自由にその会社の方針に沿って計画すればよいのです。

これら二つの税制を変更するだけで、大きな景気のアップに繋がります。

要は、会社の利益を向上させ、利益の分配を国民に行き渡らせることこそが、大切な事だと考えます。

党と候補者、主張の違いに国民は迷う

憲法改正をどう考えるかの朝日新聞記者の質問に対し、
参議院京都選挙区の候補予定の4人の方の回答が面白い。

面白いと言うより深刻な話である。

党と候補予定者の主張が異なるのである。

同じなのは共産党の倉林さんのみ。

北神、西田、山内の3氏は、
党と主張が異なっているのである。

《詳しくは25日の朝日朝刊を見て下さい。》

更に、自民の場合、

沖縄県連は米軍基地、福島県連は原発をめぐって、
党本部と真逆のマニュフェストである。

議員として大切な事は、
この件は、議員の資質が問われる事であろう。

党と見解が異なるが、議員として譲れないことに関しては、譲らない。

確かに立派である。

でも、何かひっかかる。

政党助成金を貰った政党から公認を受け、援助されているのに、その政党と政策が違っていたら、
有権者は迷われるのではないだろうか。

基本的な政策で、党に合意出来ないので有れば、「無所属」で出られるべきであると
私は考えます。

竹島と愛国心

23日に竹島は、韓国のものと主張する日本人学者ら3人が竹島に上陸して、
韓国の民族団体から拍手喝采を浴びたとのことである。

2013052301001320

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013052301001305.html

(中日新聞,国際,ニュース,世界,世界の街から,新世界事情 より)

興味を引くのは、後一人学者がいて
その人は、中継地の鬱陵島での乗船の際、

「私は研究のためにきた。島が韓国領とは言いきれない」などとの“学問的立場”を主張。
「独島は韓国の領土」と英文で書かれたイベントのシャツの着用を拒否したため、1人だけ乗船を断られ、竹島には渡れなかったという。」

「独島は韓国の領土」と英文で書かれたイベントのシャツの着用を拒否したため、1人だけ乗船を断られ、竹島には渡れなかったという。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130524/frn1305241131000-n1.htm

(良心的”日本人が竹島で「韓国のモノだ!」 韓国人団体とシュプレヒコール – 政治・社会 – ZAKZAK より)

人は、土壇場になった時に本領を発揮する。

私は、この人の言動に興味を引かれます。

今まで、人生を長く生かさせて頂き、

その経験から、
暴言を吐いたり、
勇ましい事を言ったり、
向こう受けを狙ったり、
大げさな人に、ロクな人はいなかった。

いつもは、おとなしいのに、ここと言う時、
思いがけない勇気ある言動をする人がいるのですね。

信念を貫くのは、さぞ勇気が必要であった事でしょう。

どのような経緯から、この上陸しなかった学者が、上陸した人たちと行動をともにしたか分かりませんが、その時の状況や周りの環境からみて、
信念を貫くのは、さぞ勇気が必要であった事でしょう。

私もどちらかと言うと、余り考えずに口に出してしまうタイプ。
決して誉められたものでは有りません。

でも、国民の為、国家の為という
信念だけは、ブレナイつもりです。

その信念さえ有れば、事の本質は、見えてくるものです。

竹島問題は、両国民が罵りあって、刀を振り回して解決出来るものでは有りません。
時間はかかっても、話し合って解決すべき問題なのです。

かけがえのない大切な隣人どうしなのですから・・

« 過去の記事