ブログ

友人の娘さんのリサイタル と切符入りの準備

友人の娘さんのリサイタル

エリカと言います。バイオリンです。
ピアノは世界的な注目を浴びるイリヤ。

素晴らしい「音」の競演でした。

イリヤがエリカを包容している事が
良く分かりました。

私は最初の クライスラー作曲のプレリュードとアレグロに参ってしまいました。

バイオリンとピアノの輪舞・・・

現実を忘れさせます。

切符入りの準備

明日1日は祇園祭の「切符入り」
今日はその準備のためにみんな集まりました。

7月17日の巡行をピークに様々な神事、行事が繰り広げられます。

選挙はいつあるのかな?

朝からの政党活動に加えて
夜の祭り。

体を上手く使わなければ!

クレームこそ宝

毎日、活動していますと、「効果」が有った行動とそうでなかった行動が、分かるようになります。

一つのアクションが有るのです。

それはクレームです。

クレームこそ宝。

クレームの主は大変関心が高い方々です。

クレームをきっかけに、私というものが、どのような事を考えているのか理解し合えるからです。

最近の一例を紹介します。

クレームというより、質問に近い形で、私のE-メールに入っていました。

【質問】マンションに住んでいる住人ですが、集合ポストに無断でチラシなど入れないで。
と書いてあるのに石田さんのチラシが入っていた事に対して、石田さんはどのような意見を持っているのですか?

■ 私の返事です。

このたびは不愉快な思いをされた事を先ずは、お詫びします。

その上で、小生の思いをお伝えさせて戴きます。

○○さんは文面から察しますと、相当法律に関心がお有りの方のようです。

法律を創る立場になろうとしているわけですから、本当に○○さんのような方が増えるのは大歓迎です。

有り難うございます。

その上で、小生自身が20年以上、マンションの管理組合の理事長を仰せつかっておりますので、
その経験を踏まえて、お伝えしたいと思います。

私のマンションは管理人を常駐させているタイプですが、それでも24時間居る訳ではないので、集合ポストに様々な投函物が入ります。

しかし、「お断り」の表示はしていません。
理由は、人により求めておられる情報に差があるからです。

以前に、○○様と同様に理事会でこの件が議題になった事が有りましたが、
例えば、ピザの広告チラシ。大概サービス券が付いています。

これを待っておられる理事が居られたのです。
他の理事にはゴミとしか見えないこのようなチラシも待っている人がいたのかと、一同驚きました。

それ以来、このように、価値観が分からない問題に付きましては、自身で判断して戴く事になりました。

お問い合わせの政党ビラにつきましても、その政策を支持されている方には待ってました、よくぞ言ってくれた、となりますが、
反対の考えの方々には、ゴミ以上に不要なものに映るに違いありません。

私は、私のチラシを見られてゴミになる事は、残念に思います。
が、自分が見てもいない情報を、他人に何の断りも無く処分を判断される事には、怒りを感じます。

話は変わりますが、
私は、最終的に、このような集合住宅の住人の方々には、隣人同士の情報交換を計っています。

このような事が有ったからです。

上の階の部屋から「ドンドン」と大きな音がすると階下の住人からクレームが有ったのです。

そこで、上の階の住人と階下の住人に合って戴きました。
すると音を立てた犯人が上階の住人の子供である事が分かり、その子供たちはちょうど階下の住人の「孫」の年齢でした。

その事実が分かって以来、階下の住民からのクレームは無くなりました。

聞いて見ましたら、不思議な事に騒音が気にならなくなったとの事でした。
それどころか、部屋通しの交流が始まったのです。

○○様のお住まいのマンションでは、住人通しの意思疎通をどのように計っておられますか?

○○様のお住まいのマンションの戸数は分かりませんが、私のマンションは72世帯です。

日々、このマンションに住んで良かった、と感じて頂くため、また、マンションの資産価値を高める為、頑張っています。

これを機会に、○○様のご意見を
様々聞かせて頂き、お互いのマンションライフを豊かなものにして行けたらと考えています。

またのご教示をお願い申し上げます。

この○○さんと友人になりたいです。

渡辺代表と一緒に

今日の駅たちは、先日党本部から届いた
渡辺党首のパネルと一緒でした。

場所は京都府亀岡市。

無免許運転の未成年者が
2人の子供と付き添っておられた方の
人命を奪った街です。

必死で訴えました。

無免許を繰り返した犯人の罪が軽くなる法律。

そんなバカな法律を誰が作ったのですか?

それを作ったバカな政治家に、
この大事な「日本」を任せられません。と。

代表と一緒は心強いの一言です。

京都中小企業中央会総会

中小企業の集まりの中央会の総会が有りました。

中央会は、商店街ではなく、
公益性が認められており、
非課税団体です。

商店街も非課税団体を目指します。

運命は自らまねき、境遇は自ら造る

倫理法人会は、丸山敏雄という方の教えというか、意志から始まったのですが、
その方の代表的なしるべ(導、標)が17カ条に、まとめられています。


「丸山敏雄先生」

その第3条が大好きです。
ご紹介しましょう。

人の一生は、運命という、どうすることも出来ない力で、きまった道筋を引きずられて行くものである、というように信じているものがある。

そして生まれた年月日、又時間がわかれば、その人の一生はすっかりわかるなどと言う者さえある。

「運は天にあり」とか「果報は寝てまて」とか言うのは、そうした考えからであろう。

しかし、いやしくも人の関係する仕事で、すてておいて、手をこまぬいて、わきから見ていて出来る仕事がどこにあるだろうか。

自然現象は定まった法則に従って、一糸乱れず運んでいる。

天候に大部分の運命がかかったように見える
農業や漁業でさえ、ほうっておいては
田畑は草野となり、魚群はにげてしまう。

まして生産も交通も、教育も宗教も、何一つすてておいてできることはない。

毅然と立って行えば運は開ける。

「運は勇者を寵愛す。」(ヴァージル)

ぐずぐずしておれば、その機会は去って二度とかえってこない。
「機会は前頭だけにあり、後頭ははげている。

もしこれに出あったら前髪を捕えよ。
一度にがしたら、神様でもこれを捕らえることはできぬ。」(ラブレー)

目の前にきたあらゆる機会をとらえて、断固として善処する人、一度こうと目的を定めたら、終始一貫やってやってやりぬく人、これが世に言う成功者である。

「天は自ら助くる者を助く。」

ぐずぐずして、いくらその時があっても手を出さぬ。
何か困る事があると、ぐったりしてすぐ止める。
これは、世の弱者であり、敗残者である。

塙 保己一 が、日日「般若心経」を読んで心をむちうち
大『群書類従』を編さんしたその努力、
ヘレンケラー女史の師のサリバンが、
いかにそのチャンスを捕らえて教育して、
この三重苦の大天才を生み出したか。

これを思うと盲目という一見不遇の定めは、
一転して大きい幸運と輝きわたった。
「各人の運命は各人の手中にあり。」

(シドニー・スミス)

従って、境遇も、あらかじめ、そうしたさだめがきまっていて、その中に入っていくのではない。
その人の心の通りに、境遇の方が変わるのである。
現に、憂うつ性の人が集まって、しめっぽい話をしている。

座はいよいよ沈む。
ここに世に心配を知らぬ青年が、呵呵と大笑して入ってくる。
一座は急に停電後点燈したように明るくなる。

よわり目にたたり目、泣き面に蜂、心が打ちしめれば、その環境は、梅雨時のように打ちしめり、かつ然として心が打ち開けば、天地一碧、ようようたる大宇宙が打ち開ける。

運命を切り開くのは己である。
境遇をつくるのも亦自分である。
己が一切である。
努力がすべてである。

やれば出来る。

丸山敏雄という天才が語られた語録である。
語彙に難解な点は有りますが、言われていることはビンビン伝わってきます。

サア、運命を切り開くぞ!

同窓会

みんな昭和25年と26年生まれ。
いろんな人生が有りました。

私だけが、新たな人生に歩み出そうとしている事にみんな共感してくれました。

公職選挙法が有るので当然会費制。

酒の飲み方を見ていると何か伝わって来るものが有ります。

自分も気を付けなければ行けないと思うのですが、

なぜ、そんなにピッチが早いのかな?
と思っていたら案の定・・・

60歳を過ぎて「人が出来ている」とは、なかなか言われそうもない連中ばかりです。
でも、とってもステキな頼りがいのある奴ら、彼女ら、です。

楽しい時間を過ごせました。

みんな!近いうちに、また・・・

何でも日本一

今回の京都西倫理法人会の講師は、京都伏見準倫理法人会の 成宮 優 会長。
家業は工務店の社長さんです。

5年間の丁稚奉公の話や、履物を揃える話、子育ての話と、多岐にわたりました。

どんなセミナーでも次の3つを実践しますと盛況になるそうです。

聴衆の方々にお願いするのですが、

(1) 笑顔で聞いて戴く。
(2) 話にいちいち、うなずいて戴く。
(3) 強く拍手をして頂く。

これでどの会も盛況間違いなし!です。
今晩から実践します。

それからこの3点の中の拍手の音響を、日本で一番になることを伏見の単会は目指すとの事です。

ところで、この日本一ですが、良く考えて見ますと、自分達で、勝手に決めればよい訳で、その意味では、誰もが、その事、その分野では日本一になれるわけです。

大きな声日本一。
姿勢が良い事日本一。
笑顔日本一。
早くい日本一。
・・・・・

あなたはどんな日本一に
挑戦しますか?

私は、日本一頭の低い、庶民的な、政治家を目指します。

金融円滑化法が無くなる時

京都信用金庫の理事
中村 利夫 氏 の話です。

来年の3月で時限立法の同法が終了します。

商売をされていない方には縁のない法律です。

内容は「リスケ」り、スケジュール、詰まり、借金返済の条件変更です。
元金を返さないで、利息だけとか2年返済を4年にするとか、資金繰りが楽になるので、この3年間、ずい分助かった経営者の方は多いです。

それが切れるわけですから、倒産する会社が続出することが予測される訳です。
自社が良くても、取引先の資金繰りが悪化して、連鎖する事も考えられます。

では、どうすれば良いか?
思い切った対策が必要です。
利益を上げる為には、何でもしなければ、持ちません。

もう一つの話は、国債。

現在日本の国債の利息は0.805%。
スペインは危険とされる7%を突破。

ギリシャの国債の所有者の70%はギリシャ人以外。
スペインは50%がスペイン人以外の方。
日本は92%を日本人が持っています。

銀行は、預金者に利払いするための運用を日本国債に頼らなければならない事から、今後もこのような比率は変わらないと思われます。
それよりも、ハゲ鷹ファンドの次のターゲットは「スペイン」でそうです。

船中八策(新政府綱領八策)

皆さんは、大阪維新さんの船中八策ではなく、
坂本竜馬の船中八策をご存知ですか。

ここに披露します。

京都商工会議所が主催された、霊山歴史館の学芸課長 木村 幸彦 氏 の講演で教えて頂きました。

坂本竜馬の船中八策

一、天下の政権を朝廷に奉還せしめ、
政令宜しく朝廷より出ずべき事。

一、上下議政局を設け、
議員を置きて万機を参集せしめ、
万機宜しく公儀に決すべき事。

一、有材の公卿諸侯及び天下の人材を
顧問に備へ官爵を賜ひ、
宜しく従来有名無実の官を除くべき事。

一、外国の交際広く公議を採り、
新たに至当の規約を立つべき事。

一、古来の律令を折衷し、
新に無窮の大典を選定すべき事。

一、海軍宜しく拡張すべき事。

一、御親兵を置き、
帝都を守衛せしむべき事。

一、金銀物価宜しく外国と平均の法を設くべき事。

以上八策は今方天下の形勢を察し、之を宇内万国に徴するに、之を捨て他に済時の急務あるなし。

いやしくも此数策を段行せば、皇運を挽回し、国勢を拡張し、万国と平行するも、またあえて難しとせず。

伏て願くは公明正の道理に基積き、一大英断を以って天下と更始一新せん。

どうですか、当時の時代の息吹きを感じませんか。

第20回四条大宮商店街総会

無事終了しました。

商店街を無借金にしたら、理事長を変わろうと考えています。

現在の商店街は、補助金で何かイベントをしようとした場合、
3分の1ないし4分の1は自己負担です。

この自己負担分は賦課金で何とかなりますが、補助金は、報告書提出後の入金。

例えば、今年の7月にイベントをしたとしますと、翌年の5月に入金となります。
つまり、即、出金する今年7月~入金の翌年5月まで借金する必要が生じるのですが、その間、多くの場合、
理事長、金額が大きければ、もう一人の連帯保証を求められます。

このようなボランティアでありながら、銀行の連帯保証人を要求される理事長になりたい人はおられると思いますか?

答えは歴然です。

後継者のなり手がない理由の一つです。

同様な事は、会社でも起こっており、日本の会社の90%を占める赤字の会社の後継問題の「根」の部分です。

「エルトゥールル号事件」

今朝の倫理法人会に和歌山県倫理法人会で普及拡大担当の富田博文さんがお越しになり、
映画化の話をされました。

日本とトルコの深い‘絆‘

1890年、串本町大島で起きたトルコ軍艦の海難事故と救出劇。
1985年、イラン・イラク戦争中のテヘランでの日本人救出劇。
そして、昨年の大災害への献身的な対応。
一世紀の時を経て、日本、トルコの両国の間で起きたこの長い物語を、世界中に語り伝えていくことが、
世界中のひとたちに人と人の‘絆‘を再認識させる「平和へのメッセージ」であることを伝えたいとのことです。

「エルトゥールル号事件」 -Wikipedia

その物語が、田中光敏さんのメガホンで映画化されることになったそうです。
田中監督は、さだまさしさんの「精霊流し」や東映の「火天の城」などで多くの受賞歴がある新進気鋭の監督さんです。

楽しみです。

« 過去の記事